第1回 研究会報告

2013年3月24日(日曜日)

岡山国際交流センター2F 国際会議場

1.開会の挨拶(10:00~10:05)     理事長:林  伸旨
2.基調講演(10:05~10:35)
 「生殖医療支援システム」
 理事長:林  伸旨
3.電子媒体の応用事例(10:35~11:35)
 「携帯メールによる診療呼び出しなど」
 吉岡 奈々子(岡山二人クリニック、医師)
 「磁気カードによる本人照合管理」
 吉岡 奈々子(岡山二人クリニック、医師)
 「バーコードによる検体照合管理など」
 平田  麗 (岡山二人クリニック、胚培養士)
 「日本産婦人科学会の個別登録対応」
 平田  麗 (岡山二人クリニック、胚培養士)
4.総会(11:35~11:50)
 (休憩)
5.ランチョン・セミナー(12:00~12:40)
  「情報提供と要望把握」
 羽原 俊宏 (岡山二人クリニック、副院長)
 (休憩)
6.シンポジウム「電子媒体を用いた診療システムの導入」(12:55~14:25)
座長 神谷 博文(神谷レディースクリニック)
座長 塩谷 雅英(英ウィメンズクリニック)
 「医事の立場から」
 更木 えりか(神谷レディースクリニック、医事部主任)
 「看護師の立場から」
 田中 祐子 (ファティリティクリニック東京、看護部長)
 「胚培養士の立場から」
 緒方 洋美 (英ウィメンズクリニック、培養部長)
 「医師の立場から」
 中島 章 (蔵本ウイメンズクリニック、医師)
7.閉会の挨拶(14:25~14:30)     理事長:林  伸旨

研究会の様子(写真)はこちら

予算書のページはこちら

会員アンケートの結果はこちら